ホーム
マイアカウント
お問い合わせ

切断加工と強化など

切断した後のコグチ(切り口)を何も加工しないことを通常「切りっぱなし」といいます。当店では何もご指定いただかない場合は、この「切りっぱなし」でお納めしていますので、取扱時には手を切らぬようご注意ください。

 

5mm以上の厚い板で切断面を生かすデザインや、切断面の直角や平面性が必要な場合は、「コグチ磨き」といって切断した後に、機械で削って磨きます。通常、加工する辺の長さcm単位で費用が算出され、10日以上の追加納期がかかるようになります。これにつきましてはお問い合わせください

特別な加工について

型板.comで扱っている板ガラスはほとんどのものが、ペアガラス(複層)化や合わせなどの加工が可能です。また丸や多角形など異形カットにも対応できますので、ご相談ください。

 型板ガラスは、使う場所によっては、ペアガラス(複層)にして断熱性や防音性を高めたり、合わせガラスにして強度を出したり、型板ガラス自体を強化加工したい場合もあるかもしれません。また、銀引き(鏡加工)が可能な場合もあります。
当店ではそれらの加工についてもご相談いただけますので、必要な場合はお問い合わせください。

強化ガラス加工

当社取り扱いの型板ガラスのうち、一部は通常の風冷強化加工が可能です。

テンパード・パターン(風冷強化ガラス)

「テンパード・パターン」はガラスを加熱急冷してガラス表面に強い圧縮応力層を作って破壊強さを高めたものです。JIS R3206に準拠し、より高い安全性をお求めのお客様のニーズにこたえます。

SGTシリーズでご用意可能なもの

SGT060

リストラルD

SGT062

マスタークアトロ

SGT064

ウェイブ

SGT080

サハラ

SGT115

ネモ

SGT121

マスターレンズ

SGT159

リストラルK

その他ご用意可能なもの

CX00

キャセドラルクリア

FLK03

ヒシクロス

DS0189-4

アーティスタクリア4mm厚

DS0189-6

アーティスタクリア6mm厚

SP100CC-5

スペクトラム コルシカ5mm厚

製造できる最大寸法は1100/1900mmまでです(最小は50/50mm)

特長:同じ厚みの型板ガラスの3〜5倍程度の耐風圧強度があります

ご注意:製造後は切断、研磨等の加工は一切できません。

熱処理ガラス(半強化ガラス)

テンパード・パターンと同様の処理で強化加工しますが、強度が2−3倍程度の加工です。

テンパード・パターンでカバーしていないテクスチャーのものがご用意できます

SGT043

リストラルM

SGT046

バンドリオンクリア

SGT061

マスターライン

SGT071

モニュメント

SGT072

モニュメンタルS

SGT101

ウォータードロップ

SGT113

シーラ

SGT157

リストラルH

SGT178

シルビークリア

FLK-01

モール

FLO-01

フローラクリア

製造できる最大寸法は1100/1900mmまでです(最小は50/50mm)

特長:同じ厚みの型板ガラスの2〜3倍程度の耐風圧強度があります

ご注意:製造後は切断、研磨等の加工は一切できません。また破損時の破片はテンパード・パターンよりも粗くなります

ケミカル強化(化学的強化ガラス)

化学薬品でガラス表面を処理して強化する方法です。通常の風冷強化に比べて約2倍の強度を実現します。型板ガラスの曲げ加工もこれで実現できます。

ペアガラス(高機能複層化ガラス)

通常のサッシメーカー様では取り扱いの無い、オリジナリティ豊かなガラスを複層化することで、断熱、防火、防犯などの性能を付加して機能性の高いガラス建材としてお使いいただけます。

合わせる相手のガラスは、通常のフロートガラス各厚、強化ガラス各厚、熱線反射Low-E、防火耐熱、など

スペーサーもご指定の厚みにて、空気層のほか断熱性を高めるアルゴンガス封入もご選択いただけます。

合わせガラス

型板ガラスは、厚み3〜5mm程度のものがほとんどで、大開口部や高所など安全性が求められる場面ではその強度に対する対策を講じる必要があるかもしれません。

型板ガラスに、フロートガラスや強化ガラスなどを用途に応じて合わせ加工をすることで、機能を実現します。

合わせ加工は、柔らかい樹脂層を使うものと、やや高質な樹脂フィルムを使うものの2種類あります。いずれも高い耐候性をもち変質や変色に強いため、美しさが長持ちします。またそれらの接着層の性質により95%以上の紫外線カット効果が付与されます。

樹脂合わせガラス

2枚のガラスを高性能軟質樹脂で接着したもので、接着層は約2mmになります。樹脂の性質に由来する若干の防音性能が付加されます。

凹凸が大きな型板ガラスでも製作が可能ですが、接着面側は凹凸が見えなくなりますので、SGT043など両面にパターンが付いたガラスの場合は表情が変わりますのでお勧めできません。

●製作工程上、コグチから内側6mmのところに透明テープのラインが生じます。コグチが見えるデザインでご使用になる場合はご留意ください。

●樹脂合わせタイプのシーリングには酢酸系かアルコール系の材料をお使いください

フィルム合わせガラス

2枚のガラスを1.2mm程度の厚みのフィルムで圧着したもので、一般的な合わせガラスの製法です。

水分によりフィルムが剥離する可能性があります。コグチが外に見える使用についてはお勧めしておりませんが、あえてそのような状況でご使用される場合は十分ご注意ください。